多度津オリーブへの想い

株式会社 蒼のダイヤ 取締役 古津 昇さん

徹底した衛生管理で、安全・安心な商品を届ける

株式会社 蒼のダイヤ 代表取締役 細川 勝さん 毎年、地元の祭りの時期に帰省していたのですが、そこで偶然知り合ったたどつオリーブ生産組合会長の秋山義允さんからオリーブ栽培を奨められ、オリーブを植えるためのぶどうの廃園まで紹介していただきました。ぶどうなどと比べ比較的栽培は楽と言われて始めましたが、都会暮らしが身に付いた私には、厳しい現実が待っていました。最初はまだ、東京にいたためなかなか世話が行き届かずオリーブアナアキゾウムシの餌食になるなどの被害を受けておりました。今は地元にいることで被害は格段に少なくなり、収穫量が飛躍的に伸び収益も出るようになりました。しかし、収量が増えると収穫作業が大変です。頭をさげて、妻や妹夫婦に手伝ってもらっています。また収穫だけではなく加工場で搾油や新漬け作業もあり、毎日クタクタですが、搾りたての美味しいオイルを口にすると明日も頑張ろうという気になります。現在、株式会社蒼のダイヤでの担当業務は食品衛生法に基づく危害分析・重要管理点方式(HACCP)による対応と、営業および販路開拓になります。今後、収穫量が大幅に伸びていくことが予想されますので、販路の拡大を図るとともに社会貢献として全国から障害者の方々を受け入れることも検討したいです。
蒼のダイヤを栽培している見立(みたち)・白方(しらかた)エリアは瀬戸内海に面しており、温暖で日照時間が長く、降雨量が少なく、水はけがよいところです。そこで育ったオリーブオイルはフルーティで若草のような香りが広がり、大変美味しいと好評です。その証拠にOLIVE JAPANコンテストでは毎年金賞を受賞していますし、イタリア・ソレント市でのコンテストでも賞をいただきました。これからも美味しいオリーブの製品を安心して召し上がっていただけるよう衛生管理を徹底して、安全で安心な美味しい製品を生産者と共に提供できるよう一生懸命努力して参ります。

株式会社 蒼のダイヤ 代表取締役 細川 勝さん
Topへ